喜多川泰著『運転者 未来を変える過去からの使者』を読めば誰もがポジティブになれる!

喜多川泰(きたがわやすし)さんの『手紙屋』、『運転者 未来を変える過去からの使者』を 最近読んでよかったのでご紹介したいと思います。

僕はアマゾンキンドルを持っているのですが(コンピュータの参考書や小説が増えてきたのでこれ以上本が増えないようにするためにアマゾンキンドルを買いました!でも、やっぱりコンピュータの参考書は紙の本がいいですね。。)、キンドルで読める何かいい本はないかとアマゾンのホームページで探していました。

つまらないことですぐに悩んでしまう僕の処世術となるような本はないかと見ていると、喜多川泰さんの『手紙屋』を発見したのです!

この本自体は就活中の学生が主人公なので、僕とは直接的には関係がありませんが、僕も仕事の契約の更新時期で新しい仕事を探さなければならなかったので、学生さんのようなフレッシュな気持ちで新しい現場に行けたらいいなと思って興味を持ちました。

『手紙屋』を読んだ人のコメントを見ていると、評価がとてもいいんです。

就職活動中の学生さん、社会人の方、企業の社長さんまで幅広く読まれています。

喜多川泰(きたがわやすし)さんってどんな人?

喜多川泰さんの経歴に惹かれるものがあります。

愛媛県立西条高等学校、東京学芸大学卒業。 卒業後教育者を目指し大手の学習塾に就職、後に独立し1998年横浜に新たな学習塾を立ち上げた。塾生の学習意欲を高めたり人生教訓を教える為、毎度授業の前の時間を使って話をしていたが、ある塾生からそれらの話を本にまとめてみたらどうかといわれたのを切っ掛けとし、本業の傍ら、自身のデビュー作となる2005年にファンタジー風の自己啓発書『賢者の書』を執筆、ディスカヴァー・トゥエンティワンから出版した。
※Wikipediaから引用

喜多川泰さんの言葉が響くのはたくさんの生徒さんに教えてこられたからなんですね。

喜多川泰さんの本は kindle unlimited になっていることが多いので、プライム会員の方は無料で読むことできます。

『手紙屋』

就職活動中の学生が主人公で、文通を生業としている手紙屋とのやり取りを通して成長していくストーリーになっています。

これから就職活動をする方やこれから新しい仕事を始めようとしている方などにおすすめしたい本です。


『運転者 未来を変える過去からの使者』

次から次へと不幸なことが起こる主人公が偶然乗り合わせたタクシーの運転手との出会いによって時空を超えて不思議な体験をしながら成長するというストーリーです。

この本を読んで何事も前向きに捉えることから運は好転していくものだと思うことができました。


まとめ

ご紹介した2冊の本を読んですぐに喜多川泰さんのファンになりました。

興味のある方は是非読んでみて下さいね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

追加で読みました

喜多川泰さんの作品を追加で読んだのでご紹介します。興味のある方はぜひご覧ください。

ソバニイルヨ

勉強が嫌いで自分に自信が持てない少年が、父が開発したロボットとの触れ合いで成長していく青春ストーリーです。

本の表紙に、この本に登場するロボットが描かれているのですが、読み終わった後に改めて見ると泣けそうになります。本当にいいお話です。


「福」に憑かれた男

他界した父親に代わり本屋の店主になった主人公が奮闘するストーリーです。自分の身に降りかかる不幸な出来事はすべて福の神による仕業だった。どうして福の神は不幸な出来事を起こそうとするのか、そして主人公はどのようにしてその不幸な出来事を乗り越えるのか。

福の神はどういう人に憑くのか、また不幸な出来事があった時はどのように対処すればいいのか。僕も福の神が憑いてくれないかなあ。。

(注)こちらの本にキンドル版はなく文庫本のみとなっています。


君と会えたから・・・

もし「明日」が無限にあるわけではないとしたら、あなたは「今日」をどう生きますか?
十七歳の少年が不思議な雰囲気を持った美しい少女との出会いによって成長する感動ストーリー。

今日という1日を大事にしないといけないなとか、日々の日常に感謝できる人になりたいなとかを感じさせる自分の心にそっと寄り添うような作品です。

涙なしには読めない心から読んでよかったと思える本です。


きみが来た場所

会社を辞め、生きる力を育てる塾を立ち上げた秀平。
家族を支えながらも経営がうまくいかず、不安な毎日を過ごしていた。
そんなある日、口に入れると「自分の先祖が体験してきたこと」が夢となってあらわれる「ルーツキャンディ」を手に入れる。
秀平は祖父たちの生き様、決意、つないできた命の奇跡を知るなかで、これから自分の子として生まれる新しい命と、
塾の子供たちに伝えなければならない大切なことに気づいていく。

ご先祖様が体験した戦争での悲しい出来事や自分が出生時の事実をルーツキャンディと言う飴を通して追体験する主人公に共感できました。

今の平和な日本は戦争と言う壮絶な過去の延長線上にあると考えると平和である日本に感謝の気持ちが湧いてきます。

これから社会を担う人に読んでほしいと思える本です。


株式会社タイムカプセル社 新版 十年前からやってきた使者

<人生は、いつでも、何度でも、どこからでも、やり直せる。>
45歳で仕事も家族も失った英雄は、株式会社タイムカプセル社という一風変わった会社で働くことになる。
未来の自分に向けて書いた手紙を、数年〜数十年後に配達することを事業とする会社だ。

心のこもった手紙を受け取るのは本当に嬉しいですよね。

この本を読んで10年後の自分に手紙を書いてみたくなりました。


スタートライン

スタートライン 一歩踏め出せば奇跡が起きる
今の自分にできることで、自分の価値を判断しちゃいかん。五年後の自分の可能性を舐めるなよ。
「18歳のぼく」と「18歳のわたし」が五年後に見つけた「将来」とは?
瑞々しい恋のストーリーとともにおくる希望と勇気のメッセージ。

18歳のぼくとわたしが主人公となりそれぞれの立場から思いが細かく描かれています。

どちらの主人公にも感情移入することができ最後まで心地よく読むことができました。

五年後の自分を心から信じることができるそんな本になっています。


One World

少年野球、サービスマン、卒業式、バレンタイン、超能力、就活、日本、出稼ぎ、恋愛……。
異なるテーマの9つのストーリーに登場するのは、
生きていれば誰もが直面するような悩みや悲しみ、迷いや不安といった、さまざまな思いを抱いている主人公たち。
彼らは、人との出会いを通して生きるヒントを学び、新たな自分へと成長を遂げていきます。
各ストーリーに登場する人物が少しずつ重なり合いながら循環していく物語は、
まさに私たちがいま生きているこの世界そのもの。生きる力が湧いてくる作品です!

9つのストーリーがそれぞれ貴重な人生経験になるようなありがたい物語が綴られています。

きっと次のストーリー、次のストーリーとどんどん読み進めたくなりますよ。


ライフトラベラー 人生の旅人

小さな旅の中に、人生の旅のすべてが詰まっている。
あなたの人生を変える、約束された出会いが待っている。

大学生の知哉と親友の夏樹が登場するのですが、僕は主人公の知哉に素直に感情移入できました。

どちらかというと僕自身旅に興味がなく平凡な日常を送っていますが、この本を読んで普段の日常をもっと楽しむためにも旅をしてみたいなと思えました。

旅好きな人はもちろん旅好きでない人も読んでほしい一冊です。


「また、必ず会おう」と誰もが言った。

主人公・秋月和也は熊本県内の高校に通う17歳。 ひょんなことからついてしまった小さなウソが原因で、単身、ディズニーランドへと行く羽目になる。 ところが、不運が重なったことから最終便の飛行機に乗り遅れてしまう和也。 所持金は3400円。 「どうやって熊本まで帰ればいいんだ……」。 途方に暮れる彼に「おい! 若者」と声をかけたのは、空港内の土産物売場で働く1人のおばさんだった――。 人生を考え始めた高校生に大人たちが語りかける、あたりまえだけどキラリと光った珠玉の言葉。 誰の人生にも起こりうる出来事から物語をつむぐ名手、ベストセラー作家の喜多川泰がお届けする感動の物語。

今の自分に必要な出会いは偶然ではなく必然的に起こると喜多川泰さんはあとがきで述べています。

主人公の秋月和也が経験する出来事や振る舞いを読んでいてその事を信じたいと思えたし、出会いと言うものを本当に大切にしないといけないなと思えました。


おいべっさんと不思議な母子

新境地に挑むべく書き下ろされた今回の新作は、小学生&中学生という子どもたちの世界と、その親世代の生き方をテーマにした力作。
ちょっとファンタジックな雰囲気を感じさせる内容に、思わず「ん?」と驚く読者がいるかもしれません。
おいべっさんとは何か?
不思議な母子はどこからやってきたのか?
驚きのエンディング!

端的に感想を言いますとかなり衝撃的でした。

これまで読んできた喜多川泰さんの印象と少し違うようで実は喜多川泰さんのルーツであるかのような作品でした。小・中学生とそのご両親が先生という主人公を通して描かれています。

読後あとからじんわり沁みるような作品です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です