Hibernateツールをインストールし、Entityを自動生成する!(前編)

はじめに

O/RマッパでEntityを作成する場合、手書きで作成するのは、すごく大変です。

Entityファイルに大量にあるカラムの設定をしたり、複数プライマリーキーの設定をしたりなど、手作業でするには、ミスもし易いし、こんなところで時間を使いたくないと思ってしまいます。

今回は、Entityを自動生成するツールをインストールすることで、この問題を解決したいと思います。

まずは、Entityを自動生成するツールであるHibernateツールをSTSにインストールします。

Hibernateツールのインストール

  • STSを立ち上げ、「ヘルプ>Eclipseマーケットプレイス」をクリックします。
  • 検索窓から「Hibernate」を入力し、Goをクリックします。

  • JBoss Toolsの中からインストールをクリックします。

  • JBossツールの中から「JBoss Tools Usage Reporting (必須)」と「Hibernate Tools」を選択し、確認ボタンをクリックします。
  • 「使用条件の条項に同意します」を選択し、完了をクリックします。
  • 署名なしのコンテンツを含むとセキュリティー警告が出ますが、インストールをクリックします。
  • 「変更を適用するために再起動しますか?」と出るので、今すぐ再起動をクリックします。
  • JBOSSツール・チームに使用統計情報を送信してもいいのであれば、はいをクリックします。(もちろんいいえでかまいません)
  • 「ウィンドウ>パースペクティブ>パースペクティブを開く>その他」をクリックします。または、キャプチャの赤枠内をクリックします。
  • Hibernateを選択し、開くをクリックします。
  • Hibernateパースペクティブが表示されました。

おわりに

無事、Hibernateツールをインストールすることができました。

後編では、実際にHibernateツールを使って、Entityを自動生成する方法を説明したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です