MySQL Connector/Jはどのバージョンを使えばいいの?

はじめに

前回のブログでは、pom.xmlのdependencyに「MySQL Connector/J」8.0.16を設定していました。どうして8.0.16を使っているのかを開発者の観点から説明したいと思います。

MySQL Connector/Jとは、「MySQLとJavaを繋ぐドライバ」のことです。(データベースとプログラムを繋ぐ橋渡し役!)

8.0.16を使ってテーブルデータの取得を行っているサンプルはこちらからどうぞ!

本家リリースノートの確認

本家リリースノートを下記サイトから確認することができます。

MySQL Connector/Jには8.0系と5.1系があります。MySQLの古いバージョン(5.5など)は、5.1系を使わないといけないのですが、今回インストールしたMySQLのバージョンは5.7なので、8.0系5.1系どちらでも使うことができます。

新しいバージョンには、最新のバグフィックスが行われていたり、最新の機能を使うことができるので、バージョンが対応しているなら、最新のバージョンを使うことが推奨されています。今回は、最新バージョンの8.0系を使いたいと思います。

8.0系のリリースノートは下記の通りです。

Changes in MySQL Connector/J 8.0.17 (Not yet released, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.16 (2019-04-25, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.15 (2019-02-01, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.14 (2019-01-21, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.13 (2018-10-22, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.12 (2018-07-27, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.11 (2018-04-19, General Availability)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.10 (Skipped version number)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.9 (2018-01-30, Release Candidate)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.8 (2017-09-28, Development Milestone)
Changes in MySQL Connector/J 8.0.7 (2017-07-10, Development Milestone)

※2019/06/29現在

種類内容
GA(General Availability)正規版
RA(Release Candidate)テスト段階
Development Milestone開発段階
Not yet released未リリース

この中から正規版で一番新しいバージョンが8.0.16だったというわけです。

まとめ

本家のリリースノートを確認すれば、最新情報が載っているので、最新で正規版を使いたい場合や正規版でなくても最新機能が入っているライブラリを使いたい場合など、用途に合わせて使い分けることができます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です