Ubuntu環境で電子書籍リーダーKoboをインストールする!

電子書籍リーダーのKoboには、Windows版とMac版アプリが無料で楽天のホームページからダウンロードできます。

日頃使っているUbuntuでもKoboアプリ(Windows版)を使うことができないかと調べていますと、UbuntuでないLinuxでのインストール方法が載っていたので、私の環境(Ubuntu 18.04 LTS)でも試してみました!

手順としましては、Linux環境でWindowsアプリを動かすことができるWineをインストールした後、WineでWindows版Koboアプリをインストールします。

Wineのインストール

  • Wineが入っているか確認します。
$ wine --version

Command 'wine' not found, but can be installed with:

sudo apt install wine-development
sudo apt install wine-stable
私の環境では、Wineはインストールされていませんでした。上記のコマンドの実行結果通り、wine-stable(Wineの安定版)をインストールすることにします。
  • wine-stableをインストールします。
$ sudo apt install wine-stable
  • Wineがインストールされているか確認します。
$ wine --version
wine-3.0 (Ubuntu 3.0-1ubuntu1)
  • Wineをアプリ一覧に紐付けます。
$ sudo curl -o /usr/share/applications/wine.desktop https://raw.githubusercontent.com/wine-mirror/wine/5c2d6211f6590d3856dc9188593b3d3597c8b441/loader/wine.desktop

Windows版Koboアプリのダウンロード

  • 下記URLからWindows版Koboアプリをダウンロードします。
  • ダウンロードしたexeファイルを「Wine Windowsプログラムローダー」で実行します。
ここでインストーラーが文字化けしている場合は、Windowsフォントが入っていないので、1度閉じます。

Windowsフォルダ(C:\Windows\Fonts)からすべてのフォントをコピーして、ユーザフォルダにある.wineフォルダ内のフォントを設定するフォルダ(/home/****/.wine/drive_c/windows/Fonts/)に貼り付けます。

※.wineフォルダは、1度「Wine Windowsプログラムローダー」を実行しないと作成されません。

※「****」はUbuntuのユーザー名が入ります。

その後、もう一度「Wine Windowsプログラムローダー」を実行すると、文字化けが解消されているはずです。

  • インストールが完了すると、デスクトップにアイコンが表示されます。

Koboアプリの起動

  • デスクトップにできたKoboアプリのアイコンをダブルクリックします。
Koboアプリが起動しました。
  • Koboアプリへのログインも問題なくできています。

まとめ

電子書籍リーダーをインストールしようと思ったきっかけは、増えてきたIT関連本の置き場所に困ったことです。

電子書籍リーダーをパソコンにインストールしておけば、電子書籍はサーバー上に保存されるので、本の置き場所に困ることがありません。

また、文字のびっしり詰まったIT関連本も文字を大きくすれば、全く問題なく読むことができます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です