STS3にサーバー設定(Tomcat9)を追加する!

はじめに

STS3には、Springに最適化されたPivotal tc Serverというサーバが同包されており、Tomcat9をインストールしなくてもWebアプリケーションを開発することができます。また、Pivotal tc ServerにはSpring Insightというリアルタイムで実行しているWebアプリケーションをモニタリングするツールが付いているので、環境をTomcat9にするという制約が付いていないのなら、Pivotal tc Serverを使うことをおすすめします。

今回、Tomcat9をSTS3にインストールしようと思った理由は、Struts2の開発に携わった際にTomcat9を使っていたので、同じ開発環境をSTS3でも構築できるか試したかったからです。

Spring Insightについては、下記サイトを参考にして下さい。

Tomcat9のダウンロード

  • 下記URLを開きます。
  • Binary DistributionsのCore(tar.gz)をダウンロードします。

Tomcat9のインストール

  • ダウンロードしたファイルを解凍します。
tar xvfz apache-tomcat-9.0.19.tar.gz
  • 解凍したフォルダを「/opt/.」に移動します。
sudo mv apache-tomcat-9.0.19 /opt/.

Tomcat9をSTSにサーバー登録する

  • STSを立ち上げます。
  • メニューのファイル>新規>その他を選択します。

  • サーバー>サーバーを選択し、次へをクリックします。

  • サーバータイプから「Apache>Tomcat v9.0サーバー」を選択し、次へをクリックします。
  • 参照ボタンをクリックし、「/opt/apache-tomcat-9.0.19」を選択、JREでjava-8を選択し、次へをクリックします。
  • 構成済みリソースはまだないので、このまま完了をクリックします。
  • サーバーウィンドウに「ローカルホストのTomcat v9.0サーバー」が追加されます。
  • 再生ボタンをクリックすると、サーバーが起動されました。

まとめ

この設定手順はSTSもEclipseも同じなので、どちらの環境でサーバ設定を行いたい場合にも参考になると思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です