STS3でStruts2のブランクプロジェクトを作成する!

Struts2とは

Struts2は、「アパッチストラッツプロジェクトがオープンソースとして開発したJavaのWebアプリケーションフレームワーク」です。

以前に一世を風靡したStrutsは、同じプロジェクトが開発したフレームワークですが、Struts2とは構造が全く別物のようです。 現在はStrutsの更新(セキュリティパッチ)は行われておらず、WebサイトでStrutsをダウンロードすることができますが、今も更新が行われているStrus2をダウンロードするように推奨されています。

Struts2は、アノテーションによる設定ファイルの削減、POJOによるアクションファイルの作成、OGNL (Object-Graph Navigation Language) と呼ばれる式言語による動的パラメータの作成などができるようになっています。

詳しくは下記サイトをご参照下さい。

はじめに

STS3にStruts2フレームワークのブランクプロジェクトを導入したいと思います。

ブランクプロジェクトとは、指定したフレームワークの最小構成で作成されたプロジェクトのことです。Struts2のブランクプロジェクトは、Maven設定のアーキタイプを設定することで、作成することができます。

Mavenの設定

  • メニューでウインドウ>設定をクリックします。

  • Maven>アーキタイプをクリックします。

  • リモート・カタログの追加をクリックします。

  • カタログ・ファイルに「http://struts.apache.org/」と入力します。(説明は空白のままでOKです)

  • 検証をクリックします。(「7 個のアーキタイプが見つかりました」と出ればOKです)
  • OKをクリックします。

  • 適用して閉じるをクリックします。

プロジェクトの作成

  • メニューで新規>プロジェクトをクリックします。

  • Maven>Mavenプロジェクトをクリックします。

  • デフォルトのままで次へをクリックします。
  • Mavenの設定で追加したリモート・カタログを選択します。
  • アノテーションベースでプロジェクトを作成したいので、アーティファクトIdに「convension」とついたグループを選択します。
  • 次へをクリックします。

  • グループIdとアーティファクトIdを入力します。(グループId+アーティファクトIdがパッケージ名となります)

  • バージョンはそのままで完了をクリックします。

  • 必要ファイルのダウンロード完了後、プロジェクトが作成されます。

まとめ

アノテーションベースのStruts2プロジェクトを作成することができました。

(アノテーションベースとは、アクションパスやリダイレクトパスなどをすべてアノテーションで設定できるようしたプロジェクトのことです)

ブランクプロジェクトを作成した時点では、サーバーで実行時にエラーが出ています。このエラー解消する手順についても下記ブログで書いているので、参考にしてみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です