MySQLワークベンチでDBをGUIで操作しよう!

はじめに

MySQLには、テーブル作成やテーブル操作(データの追加や削除など)する際にCUIで操作する方法とGUIで操作する方法があります。

MySQLでテーブル操作するにはGUIの方が便利なので、MySQLをGUIで操作できるワークベンチをインストールしたいと思います。

GUIで操作する際も内部的にはCUIで使うコマンドと同じものが実行されています。

GUIはグラフィカルユーザーインターフェースの略で画面操作をすることでテーブルやデータを作成できるツールのことです。それとは逆にCUIはキャラクターユーザーインターフェースの略で文字操作のみでテーブルやデータを作成するツールのことです。

ワークベンチのインストール

  • 下記コマンドを実行します。
sudo apt install mysql-workbench
  • ワークベンチがインストールされました。

テストユーザーの作成

  • MySQLにログイン後、下記コマンドを実行します。
mysql> create user test@'%' identified by 'test';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> grant all privileges on *.* to 'test'@'%';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> select host, user from mysql.user;
+-----------+------------------+
| host      | user             |
+-----------+------------------+
| %         | test             |
| localhost | debian-sys-maint |
| localhost | mysql.session    |
| localhost | mysql.sys        |
| localhost | root             |
+-----------+------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

(コマンド1行目)すべてのホストからアクセスできるような「test」ユーザーをパスワードを「test」として作成しています。

(コマンド2行目)「test」ユーザーにすべての権限を与え、すべてのデータベースにアクセスできるように設定しています。

(コマンド3行目)どのユーザーがどこからの接続を許可するかを表示しています。(%はすべてのホストを表しています。)

ワークベンチの実行

  • ワークベンチを起動します。
  • 「Local instance 3306」を右クリックして、「Edit Connection...」をクリックします。

  • Connectionタブの中のParametersタブで、Usernameを先程設定した「test」と入力し、「Store in Keychain...」をクリックします。

  • パスワードに先程設定した「test」をパスワードとして入力して、OKをクリックします。
  • 「Test Connection」をクリックすると、接続に成功したことが表示されます。その後、Closeをクリックします。
  • ワークベンチのホーム画面から「Local instance 3306」をクリックします。
  • 「Connect」をクリックします。
  • データベースに接続することができました。

おわりに

無事、ワークベンチでデータベースに接続することができました。

はじめ、rootユーザーからlocalhostに接続しようとしていて、アクセスが拒否されるし、接続できないので、困っていました。。rootでは、localhostに接続できないようにセキュリティがかかっているのですね。そこで、ユーザーを作成し、権限追加後、接続するとすぐに繋がりました。下記サイトを参考にしました。しょうちゃんさん、ありがとうございます!

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です