レアジョブ英会話を1年間続けてよかった点を挙げてみる!

2020年6月からオンライン英会話の老舗であるレアジョブを受けています。

これまで約1年間レアジョブ英会話を受けてきて、よかった点についてまとめましたので、レアジョブ英会話に興味のある方は是非最後まで読んで下さいね!

英語のモチベーションが維持できた

週一のペースでレアジョブのオンライン英会話を受けることで英語に対するモチベーションを維持することができました。

現状の確認とこれからの課題を意識して、オンライン英会話の予習と復習をすることで、意欲的に取り組むことができました。

英文の理解が深まった

受け答えがうまくできなかったり、うまくできても言ってる内容がおぼろげだったりする場合は、レッスン後に調べなおして復習することでその英文に対する理解が深まりました。

レアジョブの会員になれば、教材を自由に見ることができるのでレッスン前に事前にどう答えればいいのかとかこの単語はどういう意味なのかを調べるようにしていました。

そうすることで、レッスンがスムーズに進行し、本当に質問したい内容だけ質問することができました。

テキストが充実している

none、some、most、allの使い方をまとめて解説されているなど文法知識を他と関連付けて覚えることができるように教材が工夫されているので、教材通り進めるだけで、様々な文法の使い方を学習することができます。

また、外国人が興味のある日本人の慣習や風習に関する解説があったり日本人が間違えやすいカタカナ英語の解説などもなされています。

例えば、外国人が気になる畳の敷き方には「祝儀敷き/不祝儀敷き」があるといったことやお気に入りの曲を「best song」というのは間違いで「favorite song」が正しい表現であるとかです。

スピーキングテストが無料で受けられる

レアジョブを受講していれば「レアジョブスピーキングテストpowered by PROGOS」を月数回無料で受講することできます。

(申し込みをしているプランによって、月に何回まで受けられるかが決まっています)

「レアジョブスピーキングテストpowered by PROGOS」は、ビジネスシーンで必要な「話す」能力を測定する、オンライン上で受講することができるテストです。

テストの所要時間は約20分で、テスト受講後、数分でテスト結果を見ることができます。

テスト結果に載っている学習アドバイスが的確で、「おおよそ英語の発音ができているがまだ母国語っぽく話している箇所がある」など発音に関するアドバイスもしてくれます。

レアジョブスピーキングテストpowered by PROGOSはどんなテストですか?

英語を使ってビジネスシーンでコミュニケーションするために必要な「話す」能力を測定するテストです。オンラインでいつでもどこでも受験でき、約20分程度かけて、大きく5つのパートに分かれた設問に回答します。テスト結果は国際基準であるCEFRならびにCEFR-Jに準拠して総合評価と6つの技能別評価で表示されます。合わせて今後の効果的・効率的な英語学習につながる詳細な学習アドバイスが記されています。

※引用元:https://www.rarejob.com/experiences/speakingtest_progos/

まとめ

英語学習をする際にinputが多くなりがちだったのですが、オンライン英会話をすることで適度にoutputすることができて、自分なりに英語の上達も感じられるので、オンライン英会話を続けてよかったと思っています。

レアジョブ英会話について気になっている方やどのオンライン英会話を受けるか迷っている方の参考になれば幸いです!

レアジョブ英会話ではお安いプランも用意されているので、ご興味のある方は下記リンクよりご覧下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です